招待作家発表

招待作家発表

第2回 行橋まちなかオブジェ・プロジェクト

2nd YUKUHASHI Artworks Object Project

 このプロジェクトは、彫刻家が行橋市に2週間滞在し、共同生活をしながら商店街のシンボルとなる石の彫刻を作ります。世界で活躍する彫刻家が目の前で作品を制作することで、彫刻の技術や面白さを伝え、出来上がった作品を直接ホンモノの素晴らしさを味わってもらいたいと考えました。
 ぜひ会場にお越しになって彫刻家のみなさんと交流しながら作品の制作過程をご覧ください。

開催概要

【期間】 2018年2月18日(日)〜3月4日(日)
【時間】 10:00〜12:00/14:00〜17:00
【会場】 行橋赤レンガ館前広場で公開制作します。

招待作家

 このたびは、第2回行橋まちなかオブジェ・プロジェクトにご応募いただきましてありがとうございました。53か国138名よりご応募があり、慎重に選考を重ねました結果、下記の方をご招待することが決定しました。
※田中等さんには、今回もアドバイザーを努めていただきます。(2017/12/27付)

Volodymyr Kochmar
(ウクライナ)

María Soledad Ramsay Lagos
(チリ)

Liu yang
(中国)

Leonardo Cumbo
(イタリア)

Nathalie Delhaye
(スイス)

北川太郎
(日本)

次 点

Samia Mosef(エジプト)

第2回行橋まちなかオブジェ・プロジェクト

 行橋市では“彫刻によるまちづくり”を目指して、「第2回ゆくはし国際公募彫刻展」を開催し、広く国内外から作品を公募しています。このコンクールに並行して、まちなかに彫刻を設置し、まちを生き生きと活性化するための「行橋まちなかオブジェ・プロジェクト」を実施します。
このプロジェクトは、彫刻家のみなさんが行橋市内に滞在しながら、商店街の新しいシンボルとなる“石で作った芸術作品”を公開スタイル(シンポジウム形式)で制作する事業です。
 小さなまちですから、十分な予算はありません。立派なアトリエも、快適なホテルも用意できないので普通の家に滞在し、制作も屋外になりますがそのぶん、精いっぱいの歓迎をいたします。

開催概要

開催期間

2018年2月18日(日)〜2018年3月4日(日)まで
(2月17日:行橋着 / 3月5日:行橋発)

開催場所

福岡県行橋市

主  催

ゆくはし国際公募彫刻展実行委員会

条  件

・制作委託費:20万円(交通費含む、但し宿泊費等主催者負担)
・テ ー マ:自由(市民が親しく触れ合える彫刻。具象、抽象は問わない)
・材      質:石
・道      具:作家の道具を持参

提出書類

・応募用紙
・顔 写 真
・過去の作品画像3点(JPG 300dpi/640×480px程度)

※締め切り:2017年12月8日(金)
※応募はEmail
(応募は終了しました)

提 出 先

ゆくはし国際公募彫刻展実行委員会事務局
〒824-0005 行橋市中央1-9-2

選考方法

選考委員による最終決定(行橋市長、ゆくはし国際公募彫刻展実行委員)

結果発表

2017年12月20日(水)

お問合わせ

ゆくはし国際公募彫刻展事務局 担当まで

過去の作品一覧