招待作家発表

招待作家発表

第2回 行橋まちなかオブジェ・プロジェクト

2nd YUKUHASHI Artworks Object Project

 このプロジェクトは、彫刻家が行橋市に2週間滞在し、共同生活をしながら商店街のシンボルとなる石の彫刻を作ります。世界で活躍する彫刻家が目の前で作品を制作することで、彫刻の技術や面白さを伝え、出来上がった作品を直接ホンモノの素晴らしさを味わってもらいたいと考えました。
 ぜひ会場にお越しになって彫刻家のみなさんと交流しながら作品の制作過程をご覧ください。

開催概要

【期間】 2018年2月18日(日)〜3月4日(日)
【時間】 10:00〜12:00/14:00〜17:00
【会場】 行橋赤レンガ館前広場で公開制作します。

招待作家

 このたびは、第2回行橋まちなかオブジェ・プロジェクトにご応募いただきましてありがとうございました。53か国138名よりご応募があり、慎重に選考を重ねました結果、下記の方をご招待することが決定しました。
※田中等さんには、今回もアドバイザーを努めていただきます。(2017/12/27付)

Volodymyr Kochmar
(ウクライナ)

María Soledad Ramsay Lagos
(チリ)

Liu yang
(中国)

Leonardo Cumbo
(イタリア)

Nathalie Delhaye
(スイス)

北川太郎
(日本)

次 点

Samia Mosef(エジプト)

人口10万未満の小さな町×アート

人口10万未満の小さな町×アート

人口10万未満の
小さな町 ✕ アート

地方の小さな町のアートによるまちおこしと国際交流

 今、世界では多くの都市で行政や芸術家だけでなく、企業や大学、市民を巻きこんだ運動として「創造都市構想」が21世紀のふさわしい都市の在り方として取り上げられています。こうした世界的な流れの中、地方の人口10万未満の地方都市でも創造都市的な考え方に立脚した「アートによるまちづくり」を模索し始めようとしています。

 わが町行橋では、同じようなアートによるまちおこし、さらにアートによる国際交流をおこなっている町に呼びかけ、小さな町の大きな取り組みの実像と今後の課題について迫っていきたいと考え、基調講演と大分大学 田中修二教授をコーディネーターとしてパネルディスカッションを行います。

イベント情報

日 時

2018年1月13日(土)[開場 15:30 / 開演16:00]

参加費

無 料(※整理券をお配りしています)
整理券配布場所】コスメイト行橋・市内公民館・行橋市観光協会・市文化課・市秘書室

内 容

<第1部>基調講演
<第2部>パネルディスカッション
※抽選で特産物をプレゼント!

会 場

コスメイト行橋・文化ホール(福岡県行橋市中央1丁目9-3)

※2018年1月5日(金)〜13日(土)の期間中、コスメイト行橋ロビーにて観光ブースを設置します。

プロフィール

1|長野県大町市


北アルプス国際芸術祭

 牛越 徹
(長野県大町市長 /北アルプス国際芸術祭実行委員長)
1950年長野県大町市生まれ。 早稲田大学政治経済学部卒業後、長野県に入庁。長野オリンピック組織委員会事務局派遣 、企画局 情報政策課長を歴任。

【基調講演:北アルプス国際芸術祭と大町市の街づくり】

2|鹿児島県枕崎市


枕崎国際芸術賞展

中島 章浩
(鹿児島県枕崎市教育委員会文化課 文化課長/鹿児島県枕崎市文化資料センター南溟館館長)
1967年兵庫県尼崎市生まれ。鹿児島県枕崎市に入庁。鹿児島県観光課派遣・九州新幹線全線開業「誘客キャンペーン班」、枕崎市企画調整課企画調整係長・アートストリート「青空美術館」整備事業に携わる。

3|宮崎県高鍋町


あかりプロジェクト

黒木 敏之
(宮崎県高鍋町長)
1953年宮崎県高鍋町生まれ。
立教大学経済学部卒業後、株式会社ソニープラザ入社。株式会社黒木本店代表取締役、高鍋商工会議所会頭、高鍋町観光協会会長、公益財団法人石井十次顕彰会理事長を歴任。

【基調講演:芸術はまちを変えるか】

4|大分県豊後大野市


大分アジア彫刻展

宗像 健一
(鹿大分アジア彫刻展実行委員会事務局長/朝倉文夫記念館 館長)
1949年大分県生まれ。早稲田大学第一文学部 美学・美術史学科卒。大分県立芸術会館・大分県立博物館・大分市美術館等に勤務。

【基調講演:朝倉文夫記念館の現在】

5|福岡県行橋市


ゆくはし国際公募彫刻展

田中 純
(福岡県行橋市長/ゆくはし国際公募彫刻展実行委員会 会長)
1946年福岡県行橋市生まれ。京都大学教育学部卒業後、大蔵省に入省。田中企画代表取締役、福岡県議会議員を歴任。

子どもたちのワークショップ2017

ゆくはしの土で作る粘土オブジェ作り

夏休み中、子どもたちが行橋の土を使った粘土オブジェ作りを体験しました。参加したのは行橋保育園児童クラブを利用する小学1~6年生約140 人。
子どもたちは、行橋市稲童地区の田んぼの土を採取し、粘土状にするところから始まります。熊本市の崇城大学勝野眞言教授と学生のアドバイスを受けながら、みんなで作った粘土で思い思いに作品を仕上げていきました。

粘土オブジェの工程

Step.1

行橋市稲童地区の土堀り

Step.2

土を粘土状に変身

Step.3

手作り粘土で制作

Step.4

十分に乾燥させる

Step.5

手づくりの窯で焼き上げ

ゆくはし粘土オブジェ作品展

子ども達の作品展を開催いたしますので、皆様お誘い合わせのうえご来場ください。

コスメイト行橋

【期 間】2017年9月22日(金)〜2017年9月28日(木)
【時 間】9:00〜18:00
【会 場】〒824-0005 福岡県行橋市中央1-9-3
※コスメイト行橋での展示は終了しました

ゆめタウン行橋

【期 間】2017年10月16日(月)〜2017年10月18日(水)
【時 間】
・2017年10月16日(月) 13:00〜20:00
・2017年10月17日(火) 10:00〜20:00
・2017年10月18日(水) 10:00〜15:00
【会 場】〒824-0031 福岡県行橋市西宮市3-8-1
※ゆめタウン行橋での展示は終了しました

行橋赤レンガ館(旧百三十銀行 行橋支店)

【期 間】2017年10月25日(水)〜2017年11月6日(月)
【時 間】10:00〜18:00
【会 場】〒824-0003 福岡県行橋市大橋3-7-14
※行橋赤レンガ館での展示は終了しました。