第2回ゆくはし国際公募彫刻展

YUKUHASHI International Figurative Sculpture Competition

 古来、西のローマに始まって、遥か東端の奈良の都をつないだ「シルクロード」。正倉院に所蔵された名品の数々がこのシルクロードを渡って日本に渡来し、瀬戸内海を経て奈良へ運ばれました。その瀬戸内海の西端である行橋は、かつて古代、九州の産物を税として都に積み出した港であり、また遠く朝鮮や大陸へ船出する交通の拠点でした。『日本書紀』に「京(みやこ)」と記された歴史の地です。卑弥呼が支配した国の一つであったとも言われています。現在は人口7 万のまちですが、古代のロマンに胸躍らせ、心豊かに暮らす文化創造都市を目指して、このまちから世界に呼びかけてビエンナーレ方式による>国際公募彫刻展を実施します。
 小さなまちなので潤沢な資金は用意できません。しかし、私たちの夢を実現するために大賞賞金だけは確保します。未来への贈り物として市民のみなさまや子どもたちが誇りに思える素晴らしい芸術作品を残したいからです。
今回の大賞作品は、公共施設に設置する予定です。したがって、作品のテーマはそこにふさわしく、市民誰もが知っている歴史上の人物とします。多くの作家のみなさまの応募をお待ちしています。

募集要項

大 賞/1点 (賞金 1, 000万円)
・ 該当者なしとなる場合があります。
・ ブロンズ制作費および作品搬入費込みとします。
・ 完成作品、マケットおよび頭部像の所有権は市に帰属します。

市民賞/1点(賞金 20万円)
・ 入賞作品から市民投票で決定します。
・ マケットおよび頭部像の所有権は市に帰属します。

入 賞/5点以内 (賞金 10万円)
・ 第1次審査通過者とします。

テーマ

公共施設に設置するにふさわしい知識・知性を具現化した歴史上の人物

応募期間

2018年1月10日〜2018年3月31日必着

応募資格

・年齢、国籍は問いません。ただし、イベント等に出席ができることを条件とします。
・個人またはグループで応募してください。応募作品は1人1点、または1グループ1点とし、未発表のものに限ります。

応募条件

・具象彫刻とします。
・完成時の素材はブロンズとします。
・完成サイズは等身大までとします。
・台座のサイズ等については大賞決定後協議します。

応募方法

応募申込書(フォーム)に必要事項を記入のうえ、下記の条件を満たしたマケット、および頭部像の写真データまたは映像をお送りください。また、応募料の振込が証明できるもののコピーを1部添付願います。
・マケットのサイズは、立像の場合50cm程度とします。座像などの場合は、立像を基準として制作してください。
・頭部像のサイズは、実寸大(完成品と同サイズ)とします。
・写真の場合はお送りいただいた写真データをもとに事務局で3D画像を制作し、それより第1次審査を行います。
・作品等を説明できる資料(プランドローイング、CG、スケッチ等)の添付も可能です。
・送付された記憶媒体、写真データ及び映像、説明資料等は、返却しません。

①写真の場合
マケットおよび頭部像それぞれを80枚、すべての角度(真下は除く)から 撮影した写真データをCD-RまたはDVD-Rで送付してください。ただし、写真を撮る場合は別紙「写真の取り方」をご参照ください。ファイル形式はJPEGとし、300万画素程度とします。

②映像の場合
マケットおよび頭部像それぞれを1分間、すべての角度(真下は除く)から 撮影した映像をCD-RまたはDVD-Rで送付してください。 また、正面・両側面の写真(紙、デ-タは問いません)を3枚添付してください。ファイル形式はwmv、mpegps、avi、mpeg4、mov、flvのいずれかとします。

応募料

応募申込発送場所により異なります。
・日本国内の場合 5,000円
・海外からの場合 無 料
※一度納入された応募料は返還いたしません。
※ 振込手数料は応募者の負担となります

《振込先》——————————————————
金融機関名/ 福岡銀行 行橋支店
口 座 番 号 / 普通2600508
口 座 名 義 / ゆくはし国際公募彫刻展実行委員会事務局
——————————————————————-

選考方法

第1次審査/書類および写真による3D画像または映像(2018年4月)
・マケットおよび実寸大頭部の写真による3Dまたは映像から5点以内の作品を選出し、入賞作品とします。
・審査結果はホームページ上で公開します。

第2次審査/マケットおよび実寸大頭部像(2018年6月)
・マケットおよび実寸大頭部像により、大賞を決定します。
・素材はそれぞれ樹脂または石膏など審査に耐えられるものとします。
・市民投票を行い市民賞を決定します。
・審査結果は入賞者全員に通知し受賞者はホームページ上で公開します。

大賞授賞式は2019年3月を予定しています。(作品の納期は2019年2月とします)

搬入等について

入賞者の搬入および搬出に係る経費(梱包含む)は出品者の負担とします。出品に際しては各自で作品に保険をかけてください。なお作品到着から出品者への返却までの期間は主催者側にて保険をかけますが、保険評価額は上限10万円とします。

審査委員

後小路 雅弘 氏( 九州大学大学院教授、九州藝術学会代表幹事、福岡アジア文化賞 芸術・文化賞選考委員会委員 )
峯田 敏郎 氏( 彫刻家、元筑波大学教授、上越教育大学名誉教授 )
鈴木 重好 氏( エディター、元講談社インターナショナル(株)美術編集者 )
行橋市長

特別審査委員

奥 村 信 之 氏( 第1回 ゆくはし公募彫刻展 大賞受賞者 )

その他

・作品搬入後から搬出までの間、管理には充分配慮しますが、作品の素材または構造上の原因による破損、天災等不可抗力による損害について、主催者は一切責任を負いません。
・作品に対する保険は自己負担とします。
・移動等に耐えることのできない作品、他の作品を破損・汚損する恐れのある作品は出品できません。
・入賞者で、海外から搬入された作品は原則返却しません。入賞作品のうち、国内での返却につきましては2019年4月以降となります。
・応募作品については、市民向け展示会等での展示、図録、および広報・宣伝のための出版物<ホームページ等への掲載および複写を許諾するものとします。 ・応募作品の著作権などに関わる問題が発生した場合は、すべて応募者の責任となります。 ・盗作・模写・自作でない作品、あるいは発表済みの作品とみなされた場合、結果発表後であっても、審査結果・入賞を取り消します。

お問い合わせ

ゆくはし国際公募彫刻展実行委員会事務局
住 所 : 〒824-0005 福岡県行橋市中央1-9-2