ゆくはし国際公募彫刻展とは

YUKUHASHI International Figurative Sculpture Competition

古来、西のローマに始まって、遥か東端の奈良の都をつないだ「シルクロード」。正倉院に所蔵された名品の数々がこのシルクロードを渡って日本に渡来し、瀬戸内海を経て奈良へ運ばれました。その瀬戸内海の西端である行橋は、かつて古代、九州の産物を税として都に積み出した港であり、また遠く朝鮮や大陸へ船出する交通の拠点でした。『日本書紀』に「京(みやこ)」と記された歴史の地です。卑弥呼が支配した国の一つであったとも言われています。現在は人口7 万のまちですが、古代のロマンに胸躍らせ、心豊かに暮らす文化創造都市を目指して、このまちから世界に呼びかけてビエンナーレ方式による>国際公募彫刻展を実施します。
小さなまちなので潤沢な資金は用意できません。しかし、私たちの夢を実現するために大賞賞金だけは確保します。未来への贈り物として市民のみなさまや子どもたちが誇りに思える素晴らしい芸術作品を残したいからです。