ゆくはしビエンナーレ連続講座

彫刻の歴史を歩く〜世界の街めぐり〜​​

ヨーロッパや日本の都市にある彫刻にスポットを当てて、古代から現代に至る歴史を学ぶ連続講座を行います。
毎回1つの都市を中心に、彫刻の写真を見ながら、旅する気分で参加してみませんか。(受講無料)

人類は何万年も昔から彫刻を作ってきました。その歴史をみなさんでたどってみましょう。けれど教科書的に順番に見ていくだけでは、少し面白くないからもしれません。
そこで今回は、現地で撮ってきたたくさんの写真などを見ながら、ヨーロッパや日本のいろいろな街とそこにある美術館や博物館を訪ねるような気分で、その風景や街の雰囲気を味わいつつ、彫刻の魅力を感じていただきたいと思います。
彫刻の鑑賞とは、作品の前にじっと立ち止まって見ることだけではありません。そのまわりを歩き回ってさまざまな角度から眺めれば、いろいろな表情が現れてきます。さらに作品の印象は、それが置かれた場所の周囲の様子、その街や地域の空気感とでもいうべきものなどによっても変化します。そんな体験をしていただく機会になればと思います。ご一緒に彫刻の魅力をさぐる旅に出かけてみませんか

【講 師】田中修二(大分大学教授/アドバイザー)
【時 間】各回 14:00〜15:30 (90分)
【受講料】無料(1回のみでも受講いただけます。)
【定 員】各回30名 ※要申込(先着順)
【会 場】コスメイト行橋 2階 視聴覚室
【主 催】ゆくはし国際公募彫刻展実行委員会

「彫刻の歴史を歩く」講座内容

1回のみでも受講いただけます
講座① フランス 〜先史時代から現代までの彫刻の流れ〜
開催日:2019年8月24日(土)
フランスまず、はじめにフランスのいろいろな町を巡ってみましょう。そこには多くの博物館や美術館、さまざまな彫刻で飾られた教会、街中に置かれた銅像などがあります。それらを見てまわると、彫刻表現の長い歴史を一望することができるでしょう。
講座② ローマ 〜古代とルネサンス、バロック〜
開催日:2019年9月28日(土)
ローマローマは歴史の地層が積み重なった街です。石畳の道を歩いて回れば、古代に生み出された彫刻とルネサンスやバロック時代の彫刻の強い結びつきを、深く実感することができます。それは西洋美術史の最も重要なポイントでもあります。
講座③ パリ 〜中世と近代〜
開催日:2019年10月26日(土)
パリパリは彫刻に溢れた街です。先日火災に遭ったノートルダム大聖堂に限らず、教会や美術館には彫刻の歴史を語るに欠かせない名作が数多くのこされています。さらにそこが美術の都となった19世紀には、街角や墓地にたくさんの彫刻が置かれました。
講座④ 東京 〜「日本彫刻」の近代〜
開催日:2019年11月23日(土・祝)
東京明治時代、西洋文化が日本に流れ込んできたとき、西洋彫刻の表現も移入され、もともとあった仏像などの日本の彫刻的表現と結びつきました。そこに日本彫刻の近代が始まります。その様子を東京にのこる明治時代の銅像などを通して見ていきます。
講座⑤ ロンドン 〜近代から現代へ〜
開催日:2019年12月21日(土)
ロンドンロンドンは今日においても最も重要な、活気ある美術の発信地の一つです。産業革命以来の近代的な町並みのなかに、歴史的な彫刻や時代の最先端を表現する現代彫刻が混在し、調和し、新たな彫刻表現が生み出されています。
講座⑥ 九州 〜地域に広がる彫刻〜
開催日:2020年1月25日(土)
九州明治時代、最初に東京に入ってきた西洋彫刻の影響は、やがて九州にまで広がります。 熊本や博多をはじめとして多くの銅像が建てられただけでなく、朝倉文夫や北村西望といった近代日本を代表する彫刻家を生み出した、彫刻の実り豊かな九州各地を巡ります。

お申し込み方法

受講無料

電話、FAXまたは公式サイトより受付。お申し込み時に、参加を希望される回、お名前、ご連絡先(住所、電話番号、参加人数)をお伝えください。
また先着順のため、定員に達し次第締め切りさせていただきますのでご了承ください。

【電話】0930-25-1111(内線1167)行橋市文化課 [受付時間/ 8:30〜17:00]
【FAX】0930-23-0032 ゆくはし国際的公募彫刻展実行委員会事務局
※お申し込み期間:2019年6月10日〜(※定員に達し次第に締め切ります)